小林麻央さんのオフィシャルブログ『KOKORO』で
入院していたことを報告されていました。

4/24の投稿では、
『一昨日、昨日と輸血、点滴をして頂き...』
との報告も。

体調の悪化を綴っていたため
心配されていましたが、
どうやら少しずつ回復している様子ですね。

スポンサーリンク





2014年に乳がんが発覚した小林麻央さん。

通院しながらの生活にまで回復していましたが
昨年12月に再び入院。

今年1月に自ら退院し、家族4人で幸せそうに過ごす様子が
報道されています。


しかし 、今年4/22のブログで
『10日前まで普通に歩けていたのに、10歩歩くのもやっと...』
という報告が。


乳がんというと
やっかいな病気、、悪性腫瘍の一つ。

特に乳がんは
リンパ節や血管を介して
全身に癌が転移しやすい病気です。

肺に癌が転移した場合は
咳、胸の痛み、呼吸苦、息切れ
といった症状が出やすいようです。

酸素のチューブを鼻にしており、
『息苦しさが軽減しました。』という報告から
肺転移ではないかという声も挙がっているようです...

しかし、本人としては
輸血、抗生剤の点滴によって
身体が楽になったと報告しており、
笑顔の写真を掲載していますね。

ひとつひとつクリアしていこう!
と前向きな言葉を綴っています。

本当に心の強い方ですね。
早く元気になって欲しいです。


輸血とは、血管内に直接血液を補う治療法のこと。

癌によって、血小板や凝固因子が
急速に消費されると、
止血が間に合わず、貧血になることがあるようです。

血液には様々な働きがあり、
体中に酸素を送り届ける働きもあるので
息切れといった症状も出てくるんですね。

輸血によって、
『息苦しさが軽減しました。』と
報告したのはそれが理由なのかもしれません。

また、抗がん剤や放射線の治療で
血液を作る能力が低下するため
貧血に陥りやすくなります。

だから、小林麻央さんは
輸血をされたのだと思います。

理由はともあれ、
体力はもどってきたようで本当に良かったですね。

本人としては、身体の調子が戻って
早く帰りたいという思いも出てきているようですが
今回はまだ炎症地も高く、点滴がもう少し必要なようです。

しっかり良くなった状態で退院できるといいですね。


いかがだったでしょうか?

小林麻央さんのブログKOKOROから
輸血をしていたことを紹介しました。

癌の悪化によって
全身の痛みや、身体の不調があったようですが、
少しずつ改善しているようです。

癌で苦しいはずなのに、
笑顔で前向きな言葉を伝え続けている小林麻央さんは
本当にすごい人だなと思います。

もっと楽に過ごせるように祈っていきたいですね。

関連記事
小林麻央 ブログKOKOROで死相が...酵素風呂の写真

小林麻央のブログKOKOROでの死相を細木数子が霊視した説